1

今後、世界では6時間勤務がスタンダードに? 海外のワークスタイルから考える、本当に効率のよい働き方とは

2016.09.01

1

現在の日本では1日8時間労働(もしくは、プラス数時間の残業)が一般的ですが、先進的な社会制度の拡充を目指すスウェーデンでは、1日6時間勤務がスタンダードになりつつあります。
わたしたち日本人からすれば、「それで仕事が回るの?」と驚いてしまいますが、スウェーデンでは労働時間の短縮によってかえって生産効率が上がっているようです。

労働時間短縮により、従業員の満足度・生産性が向上

2

実は、スウェーデンで1日6時間勤務というワークスタイルが導入されるようになったのは、今から10年以上前のこと。現在では、かなりの数の企業や自治体が(試験的導入も含め)このシステムを取り入れています。これらの企業からは、生産効率の向上や利益アップ、従業員の意欲向上、離職率の低下といったプラスの効果が続々と報告されているそう。
このような状況を受けて、スウェーデンでは現在、国をあげて1日6時間労働制への移行を検討する動きが始まっています。

世界で広がるワークスタイルの見直し

3

こういったワークスタイルの見直しは、スウェーデンだけのことではありません。例えば、激務で知られるアメリカの金融業界でも、残業時間の規制や休暇の奨励、労働時間の短縮を推奨する動きが活発化しているとのこと。
長きに渡って長時間労働が当たり前となっていた企業カルチャーが、今変わりつつあるのです。

短縮労働で生産性を上げるには、働く側の意識改革も必要

とはいえ、ワークスタイルが変わったからといって、従業員の意識がそれまでと変わらなければ、生産性の向上はありえません。
各自が業務時間内の「無駄な時間」に気づき、それらを省くことが重要。
例えば、なんとなく定例として行われている社内ミーティングを減らしたり、仕事中のSNSチェックをやめたり。1日6時間労働を取り入れている企業では、従業員一人ひとりがこういった日々の無駄を省くことで業務の効率化を進めているそうです。

変わりつつあるワークスタイル・スタンダードを前に、これからの働き方を考えよう

4

今は、多様な働き方が選択できる時代。
新卒で入社した会社で定年まで働き続けるという一昔前まで「当たり前」だった働き方も、今では変わりつつあります。そんな時代に働くわたしたちが身につけるべきは、あらゆる場面・状況で通用する高いビジネススキル。資格や免許を取得したり、自身の得意分野をさらに強化したりしておけば、いずれ強い武器になるでしょう。

しかし現実問題、平日のほとんどを業務や残業に費やしてしまい、家に帰って自分のスキルアップに当てる時間がなかなか取れないという人は多いのではないでしょうか。

もし労働時間が8時間から6時間になったら。
今よりももっと自分自身のスキルアップに充てる時間を持てるようになるはず。個人のスキルが高くなれば、会社の業務効率も向上するはずです。

現在、日本でも労働形態の見直しを始めている企業は多くなってきています。とある大企業では、20時以降の残業を禁止に。また、副業を解禁する企業も増えています。

もちろん、現行の社会制度の中で全ての会社がワークスタイル変革を行うのは難しいでしょう。
しかし、これからもっともっと変容していくであろう社会において、ワークスタイルのスタンダードが大きく変わることは十分にありえる話。
わたしたちに今できることは、その時に備えて「短時間で生産性を上げるにはどうしたらいいか」「自分に必要なスキルは何か」といったことを今から自問し、少しずつその答えを探しておくことかもしれません。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
1

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け