DSC_0085m

なんとプログラミング教育も!IT企業内保育スペースWithKids。その目指す先を聞きました(前編)

2016.10.31

DSC_0085m 「保育所に子どもを入れる保活をしたけれどダメだった。育休開けまでに職場に復帰できないかも…」

待機児童問題が取り沙汰されて20年以上。保活に失敗して、泣く泣く職場復帰をあきらめる女性は少なくありません。この現状に対して、広がっているのが「企業内保育所」です。政府も、企業内保育所に対して補助金の要件緩和を2016年度に始めることで普及を支援しています。

そうした中、「預ける時間が自由」「当日突然の一時保育も可能」など保育業界では「あり得ない」ことを実現する企業内保育所を作ろうとしている企業があります。東京・港区に本社を構えるIT企業「ワークスアプリケーションズ」です。

ワークスアプリケーションズが2016年12月のオープンへ向けて準備を進めている企業内託児スペースが「WithKids」。この施設の企画・運営担当者である牛丸さん・谷口さんのお二人に、WithKidsの保育内容やWithKidsで実現を目指す女性の働き方についてお伺いしました。

谷口 裕香さん(写真左)
ワークスアプリケーションズに2009年中途入社。企業内託児スペース「WithKids」のプロジェクトマネジャーを務める。4歳の娘と1歳の息子を育てるママ。

牛丸 侑香里さん(写真右)
ワークスアプリケーションズに2005年に新卒入社。企業内託児スペース「WithKids」のプロジェクトリーダーを務める。2歳の娘を育てるママ。

育休後の復帰ボーナスもある先進的なママ支援制度「ワークスミルククラブ」は10年以上前から実施

DSC_0051
— 子育てと仕事を両立するための施策は、企業内託児スペースWithKidsが初めてなのですか?

牛丸:いえ。ワークスアプリケーションズには「ワークスミルククラブ」という子育てと仕事を両立するための支援制度が2004年からあります。このワークスミルククラブを、より充実させたのが、WithKidsだといえます。

— 10年以上の歴史がある支援なんですね。具体的にワークスミルククラブの内容を教えてください!

谷口: ワークスミルククラブには、働き続けたい女性にとって”地味だけど本当に助かる“というものまで、さまざまな支援があります。

1. 子どもが3歳になるまで取得できる育児休業
2. 育児休業開けの復帰時、年俸の15%を復帰ボーナスとして支給
3. 復帰後、子どもが小学校卒業するまでは短時間勤務が可能
4. 子どもが病気の時に取得できる年に5日の看護休暇
5. 育児休業中も社内情報へのアクセスや社内行事に参加可能

— 3番めの「年俸15%相当の復帰ボーナス」はスゴイですね!これも2004年から実施されているのですか?

牛丸:そうです。実際に親や親戚といった周囲からも、「そんなに手厚い制度があるなんて、大切にしてくれているんだね」と信頼につながっています。

— お二人ともワークスミルククラブをご利用になったと思うのですが、お使いになっていかがでしたか?

牛丸:私自身は2014年1月から産前・産後休業(産休)と育児休業(育休)を取得して、2016年5月に会社に復帰しました。実際には2年半近くお休みをいただいたことになります。

一般企業の育休は、長くても子どもが1歳半になるまで。私自身、1歳半時点では、子どもは保育園に入れなかったので、育休が3歳まで可能なのはとても助かりました。

谷口:私は4歳の娘と1歳の息子がいるのですが、小学校入学が近づいてきて「小1の壁」問題が現実味を帯びてきています。学童保育では保育園ほどは長くは預かってもらえないところが大半ですし、地域によっては学童保育に入れないこともあるようなので今まで通りの仕事のスタイルで働けるかどうかが課題です。

もしも、時短勤務が許されずにフルタイムで働くことしか選択肢がなかったら、それこそ仕事か育児かの、どちらかを諦めざるをえない状況に立たされてしまうと思います。でもワークスミルククラブなら子どもが小学校を卒業するまで時短勤務ができるので安心できます。

— 子どもが小学校卒業までサポートするという支援は、保活や小1の壁問題で厳しい時代には本当に大きな意味を持つんですね。

預ける時間は自由。当日いきなりの一時保育も受け入れ。保育業界では「あり得ない」を叶えたWithKids

DSC_0039
— そうした手厚い支援のワークスミルククラブからさらに一歩を踏み込んだのが企業内託児スペースWithKidsなのですね?

牛丸:育児を思いっ切りやりたいという気持ちと同時に、仕事でもバリバリ活躍したい、という働く女性の2つの気持ち。その両方を後押しするために、社内に託児スペースを作ることになりました。

— 先ほど挙げていただいたワークスミルククラブでの支援でさえ足りない部分があるんですか?

牛丸:足りないという表現は少し異なります。たとえば、一般の保育園は4月にならないと入れません。谷口と私は出産の時期は実際には違っても、保育園に入れる4月までは復帰できないんです。

あるいは多くの保育園では、預かり時間の制約があります。延長保育が可能な保育園でも、あらかじめ何時から何時まで延長保育を申請しておかないといけないんです。

そもそも、15分ごとなど一定時間毎に延長料金が掛かります。つまり、働くお父さんやお母さんには使いやすくなっていないんです。

— 企業内託児スペースWithKidsは違うんですか?

牛丸:2016年12月にオープンするWithKidsは、社員の多様な働き方に合わせた子育てサポートが目的です。だから、朝は8時から夜は8時半まで開いています。そして、その間は何時間預けても延長料金なしの定額としています。預け時間の制限もない。日によって今日は早めに。今日はフルに夜の8時半まで、当日の急なお迎え時間の変更、なんてことも自由です。

— えっ、そこまで自由で定額なんですか?

牛丸:はい。月額での保育だけではなく、一時保育の預かりも、当日の急な申し込みであっても受け入れます。一時保育は、一般的な施設だと3日前に締め切ることが多いんです。お弁当とかの注文があるので。

— でもWithKidsは当日の申し込みでもOK!?

牛丸:利用者の目線で「こうだったらすごくいいね、楽しいね」「とっても使い勝手がいいよ」っていう保育をしたいんです。

— ママの「こうしたい」をトコトン叶える企業内託児スペースなのですね!このWithKidsという名前の由来はなんでしょうか?

牛丸:子どもがママやパパと一緒に居れるというのはもちろん、会社全体で社員全員で子育てをするという意味でWithKidsと名付けました。

単なる預け先の一つではなく、同じ会社で働く仲間で子どもを育んでいく。1日の中で、働いてる時間って多くを占めますよね。そんな時にWithKidsなら、オフィスと同じ階だったり、1階上がったり下がったりした場所に子どもがいるわけです。

ちなみにWithKidsのオープン日も12月14日で「いつも」「一緒」っていう語呂合わせで読めます(笑)。

— そこまでこだわっているんですね(笑)。すぐ近くというWithKidsはどこにあるんですか?

谷口:本社があるビルの20階です。広さは全体で200 平米弱くらいですね。

牛丸:一般的なマンションが3LDKで大体70平米くらい。3LDKのマンションの3戸分弱の広さです。

— 広い!定員は何名ですか?

谷口:定員は19名を考えています。

— 19名で200平米。快適そうですね。運営形態は、保育を手がける業者さんへの委託なのですか?

谷口:いえ、外部への委託はしません。本当に大変ですけど(笑)。外部へ委託するかどうかは非常に悩みました。ですけど当社は「まずは理想を追い求める」という文化がありまして…。

— 10年以上前から行ってらっしゃった、先進的なママ支援制度「ワークスミルククラブ」。そこから更に一歩踏み込んだのが企業内託児スペースWith Kidsなのですね。引き続き、お話をお伺いさせてください!

保育内容に、プログラミングや英語を入れた理由などを語っていただいた【後編】はこちらです。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0085m

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け