AAA_0323

ビジネスの現場6000社を見た藤野英人氏が贈る!仕事のストレスで潰れる前に読みたい「3つの心得」(前編)

2016.11.18

AAA_0323正社員の36.9%が高ストレスを抱えている…。

2016年10月7日に厚生労働省が発表した調査によると、4割近くのビジネスパーソンが仕事でストレスを抱えていることがわかりました。(出典:日本経済新聞 「80時間超す残業、企業の2割 初の『過労死白書』」)

なかなか思うような結果を出せず、人間関係に悩み、イヤイヤ仕事をしていては「自分らしい働き方」はできません。そうしたストレスに対して、ビジネスパーソンは一体どうすればいいのでしょうか。

そこで今回、投資運用会社レオス・キャピタルワークスで社長兼最高投資責任者を務める藤野英人氏にお話を伺うことにしました。

投資業務の一環で延べ6000社、6500人もの社長と会い、経済報道番組でのコメンテーターを務めるなど投資家の視点から様々な提言を行ってきた藤野氏。ストレスへの意外な対処法から、ビジネスの現場からストレスを一掃する方法まで、目からうろこのアドバイスは必読です。

藤野英人
レオス・キャピタルワークス社長兼最高投資責任者(CIO)。1966年生まれ。早稲田大学法学部卒。野村投資顧問(現 野村アセットマネジメント)、ジャーディンフレミング投信・投資顧問(現 JPモルガン・アセット・マネジメント)、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントを経て、2003年レオス・キャピタルワークスを創業しCIOに就任。明治大学非常勤講師なども務める。著書に『ヤンキーの虎―新・ジモト経済の支配者たち』(東洋経済新報社)など多数。テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」などでコメンテーターも務める。

【心得1】職場でのストレスは「単位に換算」してやり過ごすべし

AAA_0199
— 正社員のうち4割もの人々がストレスを感じているという現実。どうすればいいのでしょうか?

藤野:特にフォローが必要なのは社員の中でも、入社1年目や2年目だと思います。学生時代とは異なり、慣れない環境で新人として仕事を始めて、そろそろ結果を求められるようになる時期。でも会社から求められるリターンを生み出すことは、そう簡単なことではないですよね。

そうしたストレスを正面から受けたままにしておくとあまり良くありません。では、どうすればいいのか。具体的なストレス対処法として3つの心得を紹介しますね。

まずはじめに僕はよく新社会人に「ストレスを単位にしなさい」というアドバイスをしています。これが、ストレスを感じる人に贈りたい「心得」1つ目です。

— 単位? 一体どういうことでしょうか?

藤野:ココロにとっての重力の単位みたいなものです。例えば「先輩の山田さんが嫌いです」という人がいますよね。それならばその「嫌い」を「1ヤマダ」「2ヤマダ」という単位にして行くんです(笑)。

— すごいアプローチですね!斬新です(笑)。

藤野:そしてその「1ヤマダ」ごとにノートへシールを貼っていきます。「今日、山田さんから嫌なことを言われた。あの時の嫌なレベルは1ヤマダかな」ということでシールを1枚貼ります(笑)。

さらに今度は「もっと嫌な上司、鈴木さんからイビられた。これは3ヤマダだな」と判定してシールを3枚ノートへ貼ります。

— 鈴木さんは交換レートが違うんですね(笑)。

藤野:鈴木さんが…というよりは、受けたストレスやプレッシャーで変えていきます。数値化しようと考えることで、随分とストレスを緩和できるんです。

ガーッと言われているときに、それを正面から受け止めるのではなく、立ち位置を客観していけます。良いことと紐付けてあげるとさらに効果的です。例えば…

・10ヤマダが貯まったら、友だちと焼肉に行く
・30ヤマダを貯めることに成功したら、新しい服を買う
・50ヤマダを達成したら、ハワイ旅行に行く

という感じです。

— 50ヤマダは相当大変そうですが、ハワイへ行けちゃうんですね(笑)。良いことと紐付けるのは逆転の発想ですね!

藤野:さらに、友だちと「ストレスの単位貯め」競争をするともっと気持ちがラクになります。

今日は、「3タナカだったよー」と友人が報告したりするんです。友人の職場ではきっと田中さんが嫌な上司なんでしょう(笑)。それに対して「わたしは、2ヤマダで済んだ」というやり取りをする訳です。こうしてお互いに嫌なことを単位化して良いことと紐付けると「早く50ヤマダ貯まらないかな〜」という別の感情すら生まれてきます。

— やり取りが深刻ではないのでお互いに報告もしやすそうですね。自分一人で抱え込まずに済むのもいいです!

藤野:はい。大切なのは抱え込まず客観視すること。怒られることをこうして客観視すると、痛みが減って、怒っている相手の意図や気持ちも見えるようになるんです。

また、友だちと数値化して共有するうちに、だんだんと耐性が付いてきます。

— うまい身の交わし方で、ストレスへの耐性を上げられるわけですね!新人以外でもストレスを感じた時に有効活用できそうです!

【心得2】会社と働き方の好き嫌いはもっと優先しても良い

AAA_0246
— でも、ストレスを単位化してやり過ごしても「やっぱり辛い…」となったらどうしたらいいのでしょう?

藤野:ストレスに対処するための2つ目の心得は、「好き嫌いをもっと大切にしても良い」、という事です。

— 嫌な上司や先輩に対する好き嫌いですか?

藤野:ちょっと違いますね(笑)。「この会社が好き」「こんな会社は嫌い」、「こういう働き方が好き」「こんな働き方は嫌い」という好き嫌いです。そういう自己感情を重要視するのです。

でも、好き嫌いを口に出したり、好き嫌いで判断したりすることは良くないことだと小学生の頃から我々は教わってきていますよね。

— そうですね。しつけの一貫として家庭でも教えられます。

藤野:「好き嫌い」での判断が許されない=タブーとされると何を基準に判断するか? 多くの人は「損得」で判断をするようになるかと思います。

会社で発生している多くのストレス問題は「好き嫌い」よりもこの「損得」が優先された結果、生じています。

例えば、仕事でのストレスをやり過ごせなくて悩んでいる人から相談された時に、多くの人はこう言いがちです。

「今やめると損だよ、せっかくいい会社に入ったんだから」
「上司が嫌でも、転勤するかもしれない。辞めるのはもう少し待ったほうが得だと思う」

そのように、アドバイスした人たちが間違っているとは思いません。でも仕事でのストレスがたまった末に、「この会社は嫌いだ」「もう耐えきれない」と思った時に、周りに共感する人がいないと本人は袋小路に迷い込んでしまいますね。

— 新人に退職の相談をされたら、退職を思いとどまるように私も言いそうです。なぜでしょうか。

藤野:そう考えてしまう背景があるんです。

— 背景…とても気になります。もっと詳しく教えてください!

3つ目の心得である「読書から得られる人への優しさ」など、根本からストレスが無いビジネスの現場を作る方法を紹介していただけた【後編】へ続きます

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
AAA_0323

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け



Follow on twitter