shutterstock_289151381

ブログで生きることは本当に不可能なのか?「月5万円稼ぐ複業家」になるために必要なこと

2016.06.17

shutterstock_289151381

今回、WorkSwitchへ寄稿することになりました、株式会社HARES(ヘアーズ)代表の西村創一朗です。自分は「NOW OR NEVER」という個人ブログを運営していることもあり、今回、ブログで好きなことを書いて稼ぐ、いわゆる「ブログ飯」について書かせていただくことになりました。

好きなことを発信したり、文章を書くのが大好きな人にとっては夢のような話ですよね。

FacebookやTwitterを見ると、日々たくさんのブログ記事が流れてきます。友人や知人がブログをやっていたり、「好きなブロガー」がいる、という方も少なくないのでは。

ただ、「ブログを書いて稼ぐって言われても、イマイチピンとこない」という方がほとんどですよね。いったいどんな仕組みで稼いでいるんだろう?と。
そして、そもそも「ブログ飯」なんてことが本当に実現可能なのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

ブログで稼ぐ方法は大きく2つ。

shutterstock_392145328

ブログで稼ぐ方法は大きく2つ。「ブログで稼ぐと言っても、記事は無料だし、一体どうやって稼いでいるんだろう?」と疑問に持たれる方もいらっしゃるかもしれません。「ブログで稼ぐ」仕組みは至ってシンプル。

TVCMと同じように、広告収入が主な収益源になっているのです。ブログの記事を見ると、ほぼ間違いなく必ず何らかの広告を目にしますよね。転職サイトへの誘導だったり、ダイエットを薦める広告だったり種類は様々ですが、広告があることによって、ブログの運営が成り立っているんです。

ブログの広告には大きく分けて2つのパターンがあります。

一つは「クリック報酬型広告」、もう一つは「成功報酬型広告」です。クリック報酬型広告とは、読んで字の如く、ブログの読者が記事の中に貼られている広告をクリックしたら、報酬が支払われるタイプの広告です。とてもシンプルな仕組みですね。

クリック報酬型広告を提供しているサービスはたくさんありますが、ダントツの人気を誇るのが、皆さんご存知Googleが運営するGoogleアドセンスです。
Googleアドセンスは、記事の中に設定しておけば、記事の内容や、読者の興味関心に合わせて、ゴマンとある種類の広告の中からピッタリな広告を自動で選び、表示してくれる仕組みです。自分で「どんな広告を貼ればいいかな?」と悩む必要がないので、とても分かりやすいですよね。

shutterstock_181996415

もう一つは「成功報酬型広告」。いわゆるアフィリエイト広告と呼ばれるものです。

広告をクリックしたらすぐに「チャリン」とお金が入るクリック報酬型広告と違い、広告で宣伝されている商品を実際に買ったり、アプリをダウンロードしたり、サイトに会員登録をしたりして、広告のねらいが「成功」してはじめてお金を頂ける仕組みになっています。

アフィリエイト広告については、一番分かりやすいのはAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイト。国内二大ECサイトから本や商品を紹介して売れたら、売り上げの数%がもらえる、という仕組みです。

その他、「稼ぎたいブロガー」と「ブロガーに宣伝して欲しい商品・サービス」とをマッチングするサイト(ASP)があります。A8.netやアクセストレードなど、たくさんのASPがあり、それぞれのASP毎で取り扱っている商品・サービスが異なるので、稼いでいるブロガーはそれぞれのサイトをうまく使い分けていますね。

ブログ飯への道のりは遠い。

shutterstock_387642229

さて、ブログで稼ぐ方法として、大きく2つご紹介しましたが、そもそも本当に稼げるのでしょうか?

稼げるのか?稼げないのか?で言えば、答えは「稼げる」です。

事実、会社勤めをしながらブログを書き続けている間に、気づけばブログの収入が本業の収入を超え、会社を辞めてプロブロガーとして独立した、という人は僕の友人や知人にもたくさんいます。「会社員ブロガー」に限らず、家事や子育ての合間にブログを書き続けて月数十万稼ぐ「主婦ブロガー」もいれば、学生時代にブログを書き始めたところ初任給を超える収入が得られるようになり、就職せずに「新卒ブロガー」の道を歩み始めた人もいます。

ただ、決して簡単な道のりではないのも事実です。まず、Googleアドセンス単体で稼ぐのは至難のワザです。

月間10万回ページを閲覧された(10万PV)として、せいぜい月に2〜3万円程度。1回クリックされて数円〜数十円です。月間10万PVというのは、毎日毎日ブログを書き続けて到達できるかどうか?というレベルです。先ほどご紹介した友人のプロブロガーは月間10万PVを達成するまで1年以上を要したと言います。

そしてアフィリエイト。「ブログ飯」をしている人たちの主な収益源はこちらです。アフィリエイトは、紹介した商品が購入されたり、サイトへの会員登録が完了したら、設定されている報酬がもらえる、というタイプの広告ですが、商品によっては一回の会員登録で数千円の収入が得られます。

shutterstock_337122470

ブログでうまく稼いでいる人は、思わずその広告の商品を買いたくなるような記事を書いて、たくさんの成果(コンバージョン)を生み、月に数万〜数十万円、人によっては100万円以上の収入を得ている人もいます。

ただ、そのためにはたくさんの読者を集めなくてはいけませんし、さらには「この商品を買いたい!」と読者に思ってもらえるような、魅力的な文章を書かなくてはなりません。

これは一朝一夕に、それも片手間でできるような簡単なことではありません。事実、アフィリエイトをはじめて1年未満の方の7割が月1000円未満の収入にとどまる、というデータもあります。(アフィリエイト実態調査2016より)

「好きで稼ぐ」ということは、決して簡単なことではないのです。

ブログ飯は不可能じゃない。大切なのは続けること。

shutterstock_267670691

「ブログ飯のリアル」をお伝えしたところで、改めて冒頭の質問に立ち返ってみましょう。“そもそも「ブログ飯」なんてことが本当に実現可能なのでしょうか?”

答えは、Yes.です。お伝えした通り、ブログで稼ぐことは簡単なことではありませんし、道のりは遠いです。ただ、「成功」というのは得てしてそういうもの、という世の中の原理原則に立てば、それは当たり前のこと。全然アクセス数が伸びなくても、めげずに書き続けること。

アクセスが来ない中書き続けるのはしんどいですが、好きなことを書くのであれば、続けられるものです。そして大切なのは、「どうやったらもっと読者に喜んでもらえるか?シェアしたい!と思ってもらえるか?」を考え、記事を磨き続けることです。

そうすると、ある日突然記事がバズる(SNSでたくさんの方にシェアされること)こともあれば、検索エンジン経由でたくさんのアクセスが集まるようになります。
僕の場合、ブログを始めた当初は毎日100〜200PV程度しかありませんでしたが、ブログを開始して4ヶ月目で書いた記事がはてブやTwitter、Facebookなどでバズり、たった一記事で数万PVを稼ぐ経験をした時、なんてワクワクするんだ!と興奮したことを覚えています。

一度でも「バズる」経験をすると、やみつきになります。

「バズる」ことやPVを集めることだけがブログの本質ではもちろんありませんが、たくさんの人が読んでくれている、という事実は、それだけ多くの方に価値を認めてもらえている、という証でもあります。あらゆる仕事がそうであるように、「お金」は提供する価値の対価として得られるものです。読者に「読んでよかった!」と思ってもらうことなくして、収入は得られません。

shutterstock_236186725

「自分の好きなこと、得意なことを発信し続けることで、結果的に稼ぎが得られる状態。」

誰もがプロブロガーを目指すべき、とはもちろん思いませんが、会社員として働きながら、プライベートの時間で好きなことを書き続け、「ひとかどの人」を目指し、月5〜10万円くらいのお小遣いを稼ぎ、また好きなことに投資をする。こんな好循環を生み出せたら、きっと毎日が楽しくなりますよね。そんな複業へのチャレンジを少しでもサポートすべく、現在、自分は「月5万円稼ぐ複業家」を目指すオンラインサロン「HARES College」を運営しています。

コツは、とにかく1年以上は続けること。そして記事に磨きをかける努力をし続けること。それさえできれば、誰でも間違いなくブログで稼げるようになりますよ。まずは一歩、踏み出してみることをオススメします。

(文:西村創一朗)

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
shutterstock_289151381

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け