NagasakiEyeCatch

元グラビアアイドル長崎莉奈、IT企業で働く!異色な転身を支えた「おもてなし」の心とは?

2016.11.14

NagasakiEyeCatch
みなさまこんにちは。
都内のIT企業でカスタマーサポートを担当している長崎莉奈と申します。

実は私、本名の「長崎莉奈」として15年間、芸能活動をしていました。

小学校を卒業した11歳のときに芸能事務所に所属。26歳まで芸能活動を続けていました。当時は、このままずっと芸能人なのだろうと思っていましたが、2016年の今、IT企業で働いています。

この話だけをすると「芸能界で挫折した」とか「夢は叶わなかった」と言われます。たしかに挫折したことも、叶わなかった夢があるということも事実です。しかし、私が今、思うのは次のことです。

芸能界で働いていたことは、決して無駄にはならなかった。
芸能界で働いているときよりも、今の自分が好きだし楽しいということです。

今回は、私がなぜ、芸能界をやめてIT企業で働いているのか。そして、その過程で行った「ダブルワーク」が今にどう活きているかについて書こうと思います。

20代前半までのキャリアが芸能活動。現在のキャリアはIT企業というわたしの生き方は、新卒で入社した会社で働きつつ「より良い働き方がひょっとしてあるのでは?」と感じている20代の皆さん特に参考になるのでは、と思います。

長崎莉奈
1987年東京生まれ。立教大学卒業。『週刊ヤングジャンプ』の表紙に8回登場するなど多数の雑誌の表紙をグラビアアイドルとして飾る。他にも、東京ガールズコレクション(2009A/W・2010S/S)では、ファッションモデルを務めるなど多方面で活動。2013年に芸能界を引退。その後、IT業界へ転身。2016年、2社目のIT企業で活躍中。

「芸能活動」と「学業」の二足のわらじ。海外ロケをこなしつつ立教大学へ入学

NagasakiPh02立教大学の卒業証書(出典:長崎莉奈オフィシャルブログ

まず、私自身のことと芸能生活についてお話します。

芸能界に憧れるようになったのは小学校3年生のとき。女優さんが打ち上げの際に、共演者やスタッフの皆さんへおもてなしをしているところをテレビで見て「大勢で何かを作るっていいな」と思ったことがきっかけでした。

小学校を卒業した11歳のとき、芸能事務所のオーディションを受けて合格。そのままその事務所へ入り芸能人・長崎莉奈としての活動が始まりました。

高校に入学後、別事務所の社長に渋谷で16歳のときにスカウトされてからは、歌手でも女優でもなくグラビアの道を歩むことになりました。グラビアでは様々な雑誌の表紙を飾らせてもらい、土日や夏休みを利用して、普通の高校生だったら行くことができないような海外ロケに行っていました。

グラビア以外にも、東京ガールズコレクションのようなファッションショーやトークショー、握手会やイベントなど様々なことにチャレンジしていたのです。

しかし、芸能界にどっぷりはまっていたわけではありませんでした。学業と部活を両立して立教大学に推薦で入学しました。

当時の事を振り返って「一般人に限りなく近い芸能人だった」と今では言っています。でも芸能活動時代から、「芸能活動」と「学業」の二足のわらじを意識していたと言えるかもしれません。

芸能活動時代に芽生えた「おもてなし」の心

NagasakiPh01
ブライダル誌での撮影現場にて(出典:長崎莉奈オフィシャルブログ

撮影現場に毎日のように行っていた頃、心がけていたことが2つあります。

1つは、カメラマンやメイク、スタイリストなどスタッフ全員への気配りを忘れないこと。

2つめは、誰よりも親しみのあるタレントになって楽しい雰囲気でスタッフの皆さんに撮影をしてもらうこと。

この2つです。

撮影が続けば知り合いになって何度か同じ現場になることもあります。でも基本的には、初対面の方が多いです。初めて会う方々に囲まれた中、撮影をしなければなりません。そんな撮影現場を盛り上げたり、楽しい雰囲気にするのは、スタッフではなくタレントの仕事だと私は思っています。

タレントが不機嫌になれば撮影の雰囲気は最悪になります。逆に、タレントの機嫌がよければ楽しい雰囲気で撮影も順調に進むからです。

そのため、どんなに悪天候でも疲れていても、顔や態度には出さないように努めていました。スタッフ全員への気配りは、私にとって「おもてなし」だったのです。もちろん、これはスタッフに対してだけではありません。握手会やイベント、ブログのコメント欄などファンの皆さんと接する際にも、おもてなしを忘れませんでした。

今の自分を変える勇気。自分が好きなことを見極めるときっと生まれる!

これからハナゴマのお散歩♪ #dog #fashion #americana #cordinate #follow4follow #follow #サロペット #converse #ootd #pomeranian #like4like

長崎 莉奈 / Lina Nagasakiさん(@lina.n0926)が投稿した写真 –


26歳のとき、芸能界をやめる決心を固めました。理由は2つあります。

仕事をすることが好きなので毎日働きたかった。
ファッションが好きなので、お金をしっかり稼いで好きな洋服を買っておしゃれをしたかった。

この2つです。そうした中、ファッション関連のスマホアプリに興味を持ち、そのアプリを運営している会社に就職。IT業界に飛び込んだのです。それが、前職のIT企業です。

芸能界からIT業界への転身は稀だと思います。

芸能界という華やかな響き・ステータス・経験。これら3つが邪魔をしてしまい、普通には働けなくなるというのが大きいです。芸能界にいるとITの知識とは無縁で、ITへの転身が難しいという理由もあるでしょう。

それに芸能界で長く活動すればするほど、辞める勇気もなくなります。でも、それはどの業界も同じ。慣れている職場や職種が心地よく感じ、今の自分を変える勇気を持てなくなります。皆さんもそうではありませんか?

私も悩みました。けれど、芸能界からIT業界へ転身できました。それは、「おもてなし」をすることが好きだったからです

IT企業でのお客様対応と飲食店でのホール勤務。「おもてなし」に磨きをかけるために始めたダブルワーク


芸能界を辞めた後、前職のIT企業で働きはじめてから、タレントの時に心がけていた「おもてなし」が役立ちました。カスタマーサポート部門を担当するマネージャーとなったからです。この頃、実は、メールや電話だけでなく、対面で実際にお客様に接することを忘れないため、ダブルワークとして飲食店でも働いていました。

芸能活動時代に行っていたスタッフやファンの皆さんへの対面での「おもてなし」。それに相当するのが飲食店のホールでの「おもてなし」。ホールでの「おもてなし」とオンラインでのカスタマーサポートとしての「おもてなし」を、ダブルワークでやっていたのです。

このダブルワークでの2つの「おもてなし」経験があったからこそ、「おもてなし」を私は極めることができました。深みのあるおもてなしを身につけられたのです。

前職のIT企業に続き、現職のIT企業でも、カスタマーサポートを行っています。そのカスタマーサポートを行う際に私がおもてなしで心がけている事は「お客様に小さな感動を与えること」。

カスタマーサポートや接客では、当たり前のことをやっているだけでは絶対に喜んでもらえません。お客様が知りたいと思うこと、困っていること、言いたいことーーそれらをいち早く汲み取ってご案内をする。この積み重ねによってお客様に満足していただけます。

その満足のために、お客様の言葉から一歩先を想像して考え、ご案内をするのです。これが私にとっての「小さな感動を与えること」。

ユーザーやお客様の気持ちになって、かゆいところに手が届く、決して押し付けがましくない存在でいたいと思っています。これが、私の仕事に対する熱意です。

軸を持ちつつ、いろんなことを皆さんも試してみましょう!

「自分が今何をしたいのか」
「仕事をして得たいと思うものは何か」
「お金が稼げなくてもやりたいと思う仕事なのか」

そうした「自分にとっての幸せ」を一歩立ち止まって考えることが大事だと思います。

挫折をしても夢が叶わなくても、仕事への熱意や軸(私の場合は「おもてなし」でした)がブレなければ、職種が変わっても問題ありません。

芸能界からIT業界へ転職した私の経歴は稀です。そして前職のIT企業勤務時に「IT企業と飲食店のホール」というダブルワークを行っていたことも稀でしょう。

でも、決して私だけしかできないことではありません。「芸能界出身です。今は、◯◯をやっています」「ダブルワークで自分の可能性や能力を伸ばしています」と言う人がもっと増えればいいのにと、思っています。

新しい職種へ飛び込んだり、ダブルワークで能力を伸ばす。そういうことがごく当たり前な世の中になってほしいというのが私の願いです。新卒で入社した会社で引っかかることがもしあるならば、新しい環境に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

皆さんも、仕事への熱意や自分の軸はぶらさず、いろんな新しいことを試してみませんか?きっと未来が拓けるはずですよ。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
NagasakiEyeCatch

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け