1

あのグーグルが苦心して発見!社員の生産性を高める唯一の方法は「Let It Go」?

2016.04.01

1

社員の生産性を高めたい、どの企業においても共通した課題ではないでしょうか。
それは、巨大企業である米グーグルでも同様です。そのためにグーグルが取り組んだこと、さらにその結果から見えた唯一の方法について、紹介していきます。

米グーグルが取り組んだ、生産性の高い働き方を分析した「プロジェクト・アリストテレス」

2

米グーグルが、2012年に着手した生産性向上計画、それが「プロジェクト・アリストテレス」です。得意のデータ分析だけでなく、組織心理学や社会学の専門家などの専門家も交えて、生産性の高い働き方を提案することが目的です。

「チームワーク」を重視して分析を進めましたが、目立ったパターンを見つけることができませんでした。「社外でも友達同士」のようなチームでも、「仕事以外ではアカの他人」のようなチームでも、生産性の高いチームもあれば、そうでないチームもありました。

3

次に、チームの中にある「規範」に着目しました。しかし、仕事中に雑談するようなチームでも、私語は厳禁というチームでも、生産性に関して目立ったパターンは見つかりませんでした。
その中で、パターンとして浮かび上がってきた要素がありました。それは、「働き方」ではなく、「成功の法則性」でした。

「プロジェクト・アリストテレス」が発見した、成功するチームに存在するポイントは「心理的安定性」

4

「プロジェクト・アリストテレス」が明らかにしたのは、成功するチームには「心理的安定性」があるということです。これは心理学の専門用語で、リーダーやチームメートから「バカにされないだろうか」、「叱られないだろうか」という不安を払しょくすることです。

チーム内に暗黙のルールとして、「心理的安定性」が自然に醸成されることが、生産性の向上への大きなポイントになります。しかし、データ分析が得意なグーグルをもってしても、そのために具体的に何をしたらいいのかについては、難しい問題があったといいます。

「仕事用の自分」を演じることなく、「本来の自分」が生み出す高い生産性

5

「プロジェクト・アリストテレス」の結果から、高い生産性を生み出すためには、チーム内に「心理的安定性」が重要です。そのためには、「仕事用の自分」を演じずに、「本来の自分」でいられることが大切です。

仕事をするチーム内で、本来の自分をさらけ出すことは容易ではありません。しかし、それをチームとして受け入れる心遣いや理解力を育むことによって、「心理的安定性」が築かれていきます。本来の自分をさらけ出してもいい環境であれば、「仕事用の自分」を演じる必要はありません。ありのままに本来の自分で仕事をすること、それが生産性を高める唯一の方法なのです。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
1

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け



Follow on twitter