bloger_01

25歳のわたしがブログ開設3ヶ月で会社を辞めて、プロブロガーになった5つの理由

2016.06.27

bloger_01

こんにちは。今回WorkSwitchへ寄稿させていただくことになりました、プロブロガーのあんちゃと申します。

わたしは現在、月間30万人に読まれる《まじまじぱーてぃー》というブログを運営していて、20代向けにキャリア・恋愛・コミュニケーション・人生論などのジャンルを中心に情報発信しています。

ブログを開設して5ヶ月になるのですが、わたしはブログ開設3ヶ月目の大して稼ぎもない時期に前職で働いていたIT企業を退職し、プロブロガーになりました。なぜわたしがいきなり会社員からプロブロガーの道を選択したのか?その5つの理由について書かせていただきます。

1. 20代のうちにリスクある挑戦がしたかったから

bloger_02

まずわたしは「20代」という若さは間違いなく武器になると思っています。健康でエネルギーがあって、どんなに失敗してもやり直せる。だから「動くなら今しかない」と決断したんです。決断を先延ばしにしていては、あっという間に30歳になってしまうからです。

わたしが30代、40代、と歳を重ねて自分の家族がもしできたときに「いまと同じ決断ができるだろうか?」と考えました。基本的にビビりな性格なので「家族に迷惑かけるような選択はできない」と思うかもしれない、と感じたんです。だったら、自分の身ひとつで動ける「今」が挑戦する絶好のチャンスだと確信しました。

2. 会社員とは違う働き方を経験したかったから

bloger_03

わたしは前職の会社が決してイヤだったわけではありません。ただ、同じ会社でずっとサラリーマンとして過ごすのと一度フリーになって仕事を経験するのとでは、今後の視野の広がりが全然違うだろうなと感じたのです。

会社員よりもフリーで働くほうがもしかしたら実力を発揮できるかもしれないじゃないですか。逆にもしフリーで働けなくなったら「自分は会社員としてしっかり働こう」と思える。どちらにしろ別の働き方を経験してみることは、わたしの人生の幅を広げると思ったのです。

3. 自分の実力がどれだけ通用するか試したかったから

bloger_04

いままでは会社の中でもまだまだ下っ端だったので、上司や先輩から振られた仕事を自分で考えてこなす、といった仕事スタイルでした。

しかしブロガーになるとそもそも自分が「仕事を作る」ことから始まるんです。記事を作る、ブログを通したサービスを作る・・・自分が仕事を作らなければお金は生まれません。100%自分の実力で結果が決まる。この感覚は会社員時代では味わわなかったので、自分だけの力でどこまでいけるのかが単純に知りたくなったのです。

4. まわりに流される人生はもううんざりだったから

bloger_05

わたしの今までの人生はほぼまわりの人に流される人生でした。

・まわりが進学するからわたしも大学に行く
・まわりが就活しているから就活する
・みんな就職するからわたしも就職する

自分の意志で決めたことが何ひとつなくて、いつも「この選択は正しいのだろうか?」と思いながら過ごしていました。しかしわたしは、今回人生で初めて「会社をやめてブロガーになる」ことを自分の意志で選択しました。

周囲の反対に左右されず、初めてわたしは「自分の人生は自分で決める」ことにしたのです。だからわたしがプロブロガーになる選択をしたことは「もうまわりに流されない」という決意表明にもなりました。

5. 自分と同じ悩み・葛藤をもつ人に可能性を与えたいから

bloger_06

20代の人の中にも、以前のわたしと同じように「このままでいいのだろうか」と感じている人は少なくないと思います。現状に不安があるけど、でも勇気がでなくて一歩を踏み出せない。わたしはこういう人たちに一歩踏み出す勇気を分けていきたいのです。

葛藤していた頃から先に一歩踏み出した立場として、「こういう働き方・生き方もあるよ」という可能性を伝えていきたい。だからわたしはいまこの働き方を選びました。

わたしは「会社員とフリーランスどちらがいいか」っていうのはどうでもよくて、大事なのは「自分の頭で考えながら仕事をこなしていく」ことだと思います。それができればどんな働き方でも有意義に働けます。ぜひ一度、「いま自分の頭で考えて仕事しているか?」を考えてみてください。

(文:あんちゃ)

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
bloger_01

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け



Follow on twitter