1

即戦力として期待される「新入社員Pepper」たちの2016年春を追いかけてみよう!

2016.04.29

1

ソフトバンクが2014年6月に発表したのが、人型ロボット「Pepper」です。さらに、法人向けモデルとして、「Pepper for Biz」が発表されたのが、2015年10月のことです。

発表から約半年が過ぎ、この春から「新入社員」としてPepperを導入した企業が増えてきました。Pepperはどのような業界で、どのような活躍が期待されているのでしょうか。気になる「新入社員」の活躍を見ていきましょう。

入社式の新入社員宣誓も挑戦? Pepperたちの活躍

2

北海道の加森観光グループには、2名のPepperが入社しました。4月1日の入社式では、堂々と新入社員宣誓まで行いました。今後は、北海道留寿都村にある同社のルスツリゾートで、フロントやレストランでお客様をご案内します。

中部地方で総合人材サービス業を展開するワールドグループにも、4月1日付でPepperが入社しました。登録したスタッフが来社したときに、革新的なおもてなしを担当します。

3

リーガロイヤルホテル大阪では、4月29日にPepperが入社します。同日に配属式を行い、メインロビーでお客様向けにレストランの案内や周辺の観光案内を担当します。
さらに、5月5日には子ども限定でPepperと遊べるイベントも開催されるとのことです。ホテルマンになったPepperと子どもたちのにぎやかな笑い声が楽しみです。

いきなり「最高オススメ責任者」就任? Pepperに新たなライバル出現

4

人型ロボットで注目を集めるのは、Pepperだけではありません。UBICでは、同社が開発した人工知能を搭載したロボット「Kibiro」が、新入社員として入社しました。

ユーザーの好みや感覚を理解することができるKibiroは、UBICの子会社RappaのCRO(チーフレコメンドオフィサー=最高オススメ責任者)に就任し、今後の活躍が期待されています。

同期の新入社員たちも負けていられない! 今後も広がる人型ロボットの活躍の舞台

5

この春、接客業を中心に多くの企業が、新入社員としてPepperの導入を決めました。接客に必要なコミュニケーションスキルを、アプリとして標準搭載したPepper for Bizは、今後さらに各企業に新入社員として導入されることでしょう。
また、Pepperだけではなく、Kibiroのようなオリジナルの人型ロボットも、今後さらに開発されることでしょう。搭載される人工知能やアプリによって、人型ロボットの活躍できる舞台が拡大することが予想されます。今年の春に入社した新入社員も、Pepperをはじめとする人型ロボットの活躍に負けないような成長を期待します。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
1

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け



Follow on twitter