ホリエモン、サッカー元日本代表監督 岡田武史氏も参画中!人脈開拓には「オンラインサロン」を使う時代

2015.12.18

今、ネット上の新しいコミュニケーションの手段として、「オンラインサロン」が注目されています。オンラインサロンとはネット上で、専門家が知識やノウハウを教える場です。

一見これまでのメルマガ、Twitter、FacebookのようなWeb上の情報発信の場と同じように見えますが、異なるのはサロンへの参加が有料であり、閉鎖されたグループとして運営され、メンバー間で積極的に交流を図ることにあります。ここではそんな「オンラインサロン」の活用法について見ていきましょう。

人気のサロンでは月額1万円を超えでも募集当日に定員に!?

現在、運営されているサロンの中でも特に有名なのは、ホリエモンこと「堀江貴文イノベーション大学校(旧:堀江貴文サロン)」やサッカー元日本代表監督、岡田武史さんの「TEAM OKADA」などがあります。ちなみに、堀江さんのサロンが募集されたのは7月でしたが、月額10,800円と高額にもかかわらず一晩で定員400名がいっぱいになるほどの人気ぶりです。

徐々に増えているオンラインサロン。そこでのメインとなるテーマは、起業、ビジネス、マーケティング等、多岐の分野にわたります。具体的には、成功した起業家が起業のノウハウを伝える起業家サロンや、Webマーケティングでネット集客の方法を学ぶ情報サロン、アフリカで年商300億円を上げた元ニート経営者がアフリカ進出ノウハウを伝えるサロンといったものもあります。

趣味関係では、麻雀、グルメから、寄せ植えデザイナーによる園芸サロン、ライフスタイル、オリンピック選手によるランニングメソッドサロンなどのスポーツ関係、変わり種は歌舞伎町No.1ホストによるモテサロンなどもあります。

これらのサロンは、Facebook上の非公開グループを利用して運営されています。会費は月額1,000円から1万円程度。テレビで人気の人、知名度の高い人ほどサロンの会費が高くなる傾向にあります。

著名人やメンバーとのコミュニケーション、情報の質がメリット

これまでのWeb上の情報発信サイトと決定的に異なるのは、双方向性による情報とメンバーの質の高さです。

他にも有料メルマガがありますが、現在多くのメルマガは情報量を意識して長文が多い傾向にあります。文章がたくさんあれば、情報量が多いというのは間違いです。長い文章をやっと読み終わっても、いったい何が有効な情報だったのだろうか?といった経験をしたことがある方も少なくはないでしょう。ただでさえ、情報過多の時代、質の高い情報をセレクトすることが重要です。

その点、オンラインサロンは閉鎖されたグループ内の運営となり、メンバーは自由に質問することができて、運営者はその質問に対して返信します。その際、運営者のみではなく、他のメンバーも発言することができます。何より、そのサロンのメンバーはテーマについて有料でも参加して、情報を得たいと考えている人たちです。

例えば、起業サロンでは、「起業して成功したい」と考えている人が成功した起業家のサロンに入ります。そういったメンバーばかりなので、意見交換もかなり高度で具体的な情報のやりとりになります。もちろん、運営者を通さずメンバー同士の意見交換もあり、ビジネスのための人脈形成に役立ちます。オフ会や、オンライン飲み会などを始めて盛り上がっているサロンもあります。

初対面であっても、メンバー間ではすぐに話しが弾む

オフ会などで、直接会うことになっても、それぞれがFacebookのメンバーになっているので初対面のデメリットはありません。ある程度相手の人となり、情報を知っているので、安心してビジネスやテーマについて話が弾むことになるでしょう。

こうした質の高い情報、議論を交わすことができるのがオンラインサロンの魅力です。実際にメンバーに会った後でも、オンラインで繋がり続けることができます。Facebookのメンバーであることから、会ったメンバーからさらに人脈が広がることが期待できます。

例えば、堀江貴文サロンでは、毎月2回の定例イベントはゲストも呼んでトークセッションや懇親会、不定期のオフ会、年1回の合宿勉強会など積極的に活動しています。単に堀江さんのノウハウを受講する、というイメージより、堀江さんを含むメンバー同士の積極的な交流によって、新しい起業、ビジネスの方向を模索しているように見えます。

まとめ

「こんなことがやりたい」「新しい仕事がしたい」と考えていても、日常の生活、仕事に追われて一歩が踏みだせない、あるいはどこに一歩を踏み出すかわからない、という人は多いでしょう。

そんな時、こんなサロンに参加することは自分の意識を高め、協力しあう仲間、援助するサポーターを得るチャンスにもつながります。人脈は財産。それを実感するのが、今のオンラインサロンのメリットと言えるでしょう。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け