01

新卒で独立をする上で在宅ワークを選んだ理由はなぜ?

2016.07.22

01
みなさん、はじめまして。新卒フリーランスの上谷亮太と申します。あるご縁から、今回WorkSwichへ寄稿させていただくことになりました。

私は今年の3月に神戸の大学を卒業後、自然が豊かな千葉の金谷という田舎で在宅ワークを行っています。お仕事はクラウドソーシングを通じて獲得しています。やっていることは、Webサイト制作とライティング。7月で独立して4カ月目になりますが、毎月収入は20万円を超えています。

独立をしようと思ったのは、卒業する前の年の11月。特別なスキルを持っているわけでもなく、よくいる普通の大学生でした。そんな自分がなぜ、新卒で独立する上で在宅ワークを選んだのかについてお話しいたします。

在宅ワークはたまたま結果的に

02
始めて在宅ワークをしたのは、卒業する前の年の10月。諸事情により今まで行っていた、アルバイトが1カ月間できなくなり、そのアルバイトの代わりに、クラウドソーシングを始めたのがきっかけです。その時はクラウドソーシングを軸に生計を立てることになるとは思ってもいませんでした。

本気で独立をしたいと思ったとき、お金を稼ぐ手段が自分には何もありませんでした。スキルもなく、知識もない。そんな人が独立できるほど世間は甘くありません。

ですが、そんな自分でもクラウドソーシングはお金を稼ぐことができたのです。

在宅ワークに魅力は感じていた

04
自分が独立できる手段を探した結果、クラウドソーシングを活用して在宅ワークをするスタイルに落ち着きました。なので在宅ワークは最初から狙っていたわけでなく、たまたま結果的に在宅ワークを始めた、という感じです。

ですが、在宅ワークに魅力を感じなかったわけではありません。新卒で在宅ワークを選択したメリットは自分の中で3つあります。

その1. 通勤時間がなくなる

03
まず、一番強く思ったメリットが在宅ワークには通勤時間が存在しないことです。もちろん出張で都内に出ることがあるので、全くの「ゼロ」というわけではありませんが、それでも普段は通勤時間は皆無です。

人によるでしょうが、通勤時間は自分にとって「もったいない」と感じます。そう思ったのは、アルバイトへ行くまでの移動時間について考えてみたからです。

私がやっていたアルバイトの話をしますね。
アルバイトに行くまでの移動時間は片道1時間、往復で2時間します。実際に働くのが5時間なのに、移動で2時間取られるのってどうなんでしょう。

時給900円なので、5時間で4,500円稼ぐ計算に。しかし、移動時間を入れると7時間で4,500円です。時給計算で1時間640円ほど。そう考えると時間の使い方がちょっともったいないと感じたのです。

人間の1時間ってもっと価値があるような、それをお金で換算するのかは賛否両論あると思いますが、少なくともお金で判断すると、1時間640円以上の価値はあると思いました。

人生の時間は有限です。1分1秒、最大限自分のために時間を使いたい。そう考える自分にとって、在宅ワークに通勤時間がないことは非常に魅力的に感じました。

その2. 人間関係の煩わしさがなくなると思った

05
在宅ワークの連絡方法は、基本メッセージでのやり取り。たまに電話したりSkype通話をすることも。

どちらの連絡方法でも対面で人と会うことはありません。もちろん打ち合わせの際は対面で直接お話しすることもありますが、そういう機会は少ないです。対面でのコミュニケーションを取ることはあまりありません。

人と直接会うことに比べてメッセージでのやり取りは、ストレスが少ないかと思います。人と会うとパワーをもらえるけど、同時にダメージを受けることもあったり、自分は関係なくとも、職場の人達の人間関係に頭を悩ませることもあったり、煩わしい側面があるんじゃないでしょうか?

在宅ワークだと人と直接会う機会が少ないので、そういった煩わしいことがかなり少ないと思いました。

実際、在宅ワークをしていて仕事での対人関係でストレスを感じたことは一度もありません。もちろん在宅ワークなりのコミュニケーションの悩みがあったりもしますが、人間関係で煩わしいと思ったことはありません。

その3. 仕事する場所・時間を選べる

06
在宅ワークは、1人で仕事をします。
私は何かをするときは、みんなと一緒にやるのではなく、1人で黙々とやるのが好きでした。
なので、仕事でも1人で集中して行いたいと考えていました。

実際、仕事は部屋にこもり黙々とPCと向かい会うことが多いです。たまに場所を変えてコワーキングスペースやカフェで仕事をすることもありますが、基本は部屋にこもって1人黙々とやります。

在宅ワークは、自分で働く環境を決められます。PCが使える状況であれば、働く場所を選ばないので、自分の好きな場所で働くことができるのです。また場所だけでなく、働く時間を選ぶことも可能。基本は日中に仕事をしますが、何か用事があった際は夜に仕事をするなどして、臨機応変に対応しています。

人生は自分の意思で

07
在宅ワークを選んだのは、本当に偶然ですが、新卒1ヶ月目で24万円を稼ぐことができました。会社勤め以外の働き方で、この金額が稼げる可能性があることに意義があると思っています。

もちろん、独立をする準備として色んなことをしてきました。独立向け講座に参加したり、1日1中PCと戦ったり、今までの自分がやったことがないことを多くやりました。周りから助けてもらい、運が良かったと思ってます。

しかし、事実としてお金を稼ぐことができました。新卒なら会社勤めが当たり前、ですがそれ以外の方法でもお金を稼ぐことを証明できたと思っています。

決して新卒で会社勤めをすることを否定しているわけではありません。ですが、独立したいと思っている方に、こんな働き方ができる事実を知ってもらえること。そしてこんな若者もいることを知ってもらえると幸いです。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
01

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け



Follow on twitter