IMG_6065

「複業って国民全員がやる必要はない」4社に所属する複業の達人が語る複業の真髄に迫る!(前編)

2016.12.02

IMG_6065パラレルワークや副業…ロート製薬など副業を解禁する企業が増え始め、複数の仕事をこなす新しい働き方が日本にも広まりつつあります。しかし、一方で副業やパラレルワークに対して疑問を持つ人も多いはず。

「収入は増えるだろうけど、平日夜や土日も仕事するのは大変そう」と。

ところが!今回お話をうかがった中村龍太氏はなんと4社で「複業」を行っています。「働き方の実証実験」として、自らパラレルワークの限界を突き抜けて導き出したのは「副業」ではなく、「複業」という働き方。その効果は、スケールがとても大きいものでした。果たしてその効果とは?

中村 龍太 氏
1986年大学卒業後、日本電気株式会社に入社。10年間務めた後、現・日本マイクロソフト株式会社に転職。ビジネス開発など様々な経験を積みながら2009年よりクラウドサービスOffice365の事業立上げに従事。2013年、サイボウズ株式会社と株式会社ダンクソフトへ同時に転職。2015年にNKアグリ、2016年には株式会社スノーピークビジネスソリューションズにもジョイン。4社で「複業」を行っている。

副業と複業。似ているようで全然違う!

IMG_6033
— 龍太さんは、複業を極めることで「働き方の実証実験」をなさっていると伺いました。4つの会社に所属していらっしゃるそうですが、どういうことでしょうか?

龍太:形にとらわれず様々な仕事を同時並行でやる「働き方の実証実験」は、次の4つの会社に、様々な形で所属することで行っています。

サイボウズ:正社員(IT企業・2013年に入社)
ダンクソフト:業務委託(同上)
NKアグリ:提携農家としての契約関係(農業系企業・2015年に契約)
スノーピークビジネスソリューションズ:業務委託(キャンプ用品会社のグループ企業・2016年に入社)

龍太:1番めのサイボウズは週4日通っています。社会保険などはこのサイボウズから払っている形です。

2番めのダンクソフトは週1日、通っています。業務委託として働いています。

3番めのNKアグリは、自社ブランドのレタスやニンジン「こいくれない」などの生産・販売を行っている農業系企業です。私は提携農家として契約していて、印西市の実家で家族と一緒に畑仕事をしています。農作物を買い取ってもらう時に収益が上がるので、他の3社とはまた違った働き方ですね。だから、NKアグリでの僕の名刺は「印西市農場担当」という文字が入っています。

4番めのスノーピークビジネスソリューションズは、業務委託として2016年10月に働き始めました。3カ月ごと更新のプロジェクトベースでの雇用という感じです。

— 正社員・業務委託・提携農家としての関係…柔軟な形で4社へジョインなさってるということですね!4社に所属というのはおそらく日本で一番多いのではないでしょうか?

龍太:顧問みたいな形で複数の会社に所属している方がいるでしょうから、名刺なら10枚ぐらい持っている人はいると思います。ただ、僕のように実際に仕事をしているケースで4社に所属しているというのは珍しいでしょうね。

— 珍しいといえば普通、「ふくぎょう」は「副業」と表記します。ところが龍太さんの場合、表記が違いますよね。「複業」となっていますが、この違いはなんでしょう?

龍太:僕の働き方の場合、1つの成果物が2つ以上の会社=複数の会社の成果物になっていることがあるんです。成果物にとっては、どちらかの会社が「主」で、もう片方が「副」というわけではないのです。だから「副業」ではなく「複業」と表記しています。

— 1つの成果物が2つ以上の会社の成果物になっているとは?

龍太:サイボウズとNKアグリの例でお話しますね。IT×農業という2つ会社のアウトプットが「kintone(キントーン)を農業分野で利用した」1つの成果物ということです。kintoneとは、サイボウズの主力製品であるグループウェア(組織内の様々な数値の共有&コミュニケーションツール)のこと。

サイボウズでの僕の仕事は、kintoneの新しい用途の開発なんですね。

— 新規の営業ということですか?

龍太:営業とはちょっと違います。新領域の開拓みたいなものです。新しい領域で使えるところはないのかなと探していたところに、NKアグリと出会いました。

— グループウェアのkintoneと、野菜の研究開発から実際の生産を行うNKアグリ。2つをどのように結びつけたのでしょうか?

龍太:当時、NKアグリがリコピンをたくさん含んだニンジンの生産を、全国で50の農家と提携して始めるという話を聞いたんです。目指していた生産量は、年間で500トン。

そのためには、全国に散らばる50の農家それぞれのリコピンニンジンの収穫時期を知る必要があります。NKアグリの本社メンバーは13名。そのうち、リコピンニンジン事業の買取、出荷に携わるのは2人。この2人で500トンのニンジンをどうさばくかがNKアグリの課題でした。
nkAgri
NKアグリのリコピンニンジン「こいくれない」紹介ページ

— オペレーションが大変そうですね。

龍太:50の生産農家さんのニンジン収穫時期がいつになるのかを、モノのインターネットといわれるIoT(Internet of Things)で得られる数値とkintoneを組み合わせて解決しました。

— ニンジンの収穫時期を判断する数値があるんですか?

龍太:はい。リコピンニンジンの種を植えてから収穫するまでの栽培地での気温をIoTで毎日計測します。計測した気温を足し算します。足し算した結果を「積算温度」といいます。

— ひょっとして、積算温度がある数字に達すると収穫時期がわかるんですか?

龍太:そうです。リコピンニンジンの収穫に適したタイミングがわかります。kintoneで積算温度を把握することで、リコピンニンジンの収穫時期にがわかるんです。

— 凄いですね!kintoneで収穫時期がわかるようになったのも、龍太さんが、サイボウズとNKアグリ両方で複業していたからこそですね。そうでないと、ニンジン栽培とkintoneを組み合わせる発想はでてきませんから。

龍太:複業の効果がわかっていただけたようですね(笑)。

頭の片隅にも無かった複業。はじめたきっかけはFacebookの「いいね!」

IMG_6006
— 複業は、かなり以前から考えてらっしゃったのですか?

龍太:複業したいとは全然思っていませんでした(笑)。

— そ、そうなんですね!思いを変える決定的な出来事があったのでしょうか?

龍太:きっかけはマイクロソフトに務めていた2013年の夏に、「サイボウズ式」というサイボウズが運営しているウェブメディアの記事がFacebookでシェアされているのを見たのが始まり。その記事の中でサイボウズでは、

1.一回辞めても6年以内ならサイボウズに戻れる(35歳以下が対象)
2.育児・介護休暇が最長6年取れる

という2つができることを知って「いいね!」を押したんです。すると、記事をシェアしていた知り合いの中にサイボウズの社員がいて「一緒に飲みましょう」という話になり、その流れでサイボウズ社長の青野に会うことになりました。

— それでマイクロソフトからサイボウズへの転職が決まったわけですね?

龍太:それ以前から「マイクロソフトにそのままいるという選択肢はないな」と感じていたことも背景にありました。

— どうしてマイクロソフトで働き続けられないと思ってらっしゃったのでしょう?

龍太:マイクロソフト在職時にキャリア・コンサルティングを受けたんです。その時、「やりたいこと5つ」というのを書き出しました。

• 中小企業に対してのIT支援
• 大学や専門学校に通って経営に関する研究をする
• 地方の地域活性化のプロデュース
• 中等初等教育のITリテラシー教育
• 自宅では農業をやっているので、農業とITを掛けあわせた何かを行う

これを全部やるには、マイクロソフトにそのままいては実現できない。そう感じていたときに、サイボウズ社長の青野から口説かれたので落とされたという感じでしょうか(笑)。

— ただ、サイボウズへの転職と同時にダンクソフトにも転職なさっています。つまり、複業をその時点で始めたわけですが、サイボウズに転職することを決めた段階ですでに複業を考えていたのですか?

龍太:いえ、サイボウズへの転職を決意した段階では複業はまだ頭にありませんでした。複業を考えるように直接的な理由は、社長の青野が僕に対して「いくら給料出せばいいの?」と聞いたこと。すると驚くべきことに、マイクロソフトで僕がもらっていた給料が、上場企業であるサイボウズ社長の青野よりも高いとわかったんです(笑)。

— 本当ですか!それは腰を抜かしますよね(笑)。

龍太:マイクロソフトと同じ給料は払えない。給料の不足分は「複業をやってもいいよ」という話が青野からありました。それで、複業先を探し始めましたんです。そうして見つけた複業先がダンクソフトでした。

— 複業は、「やりたいことがマイクロソフトではできない」でも「サイボウズでは給料が足りない」という二つが理由だったんですね(笑)。

龍太:ええ。かっこいい理由ではないです。しかもきっかけが、Facebookで「いいね!」を押したことだったという(笑)。

— ちょっとしたアクションを起こすことの大切さがわかるエピソードです!

龍太:ただ、2社で複業を始めたら、どこまで複業を極められるかに興味が沸いて今や「働き方の実証実験」として実践しているので不思議なものです(笑)。

– 「働き方の実証実験」の内容、気になります。詳しく教えてください!

複業を成功させるコツや、複業を行うことの効果を教えていただけた【後編】へ続きます

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6065

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け



Follow on twitter