1

「求む、サムライ」、愛知県で熱烈に募集を呼びかける一風変わった求人は「社会保障も完備」?

2016.04.01

1

「おもてなし武将隊」はご存知でしょうか。
彼らは武将の姿で、お城や観光地などを案内する部隊です。全国で40以上のイケメン武将隊が活躍しています。もしかしたら、お城や観光地で会ったことがある方もいるかもしれませんね。

なかでも、先駆けとなったのが、「名古屋おもてなし武将隊」です。結成から7年目の春、織田信長と加藤清正が卒業することになりましたが、果たしてどうなるのでしょうか…?

織田信長と加藤清正を募集!もちろん、社会保障完備で出来高報酬も?

2

「社会保障も完備で日々の戦場に安心して専念」、平和な日本で「戦場」というワードが出てくることが、戦国時代にタイムスリップしたような違和感を覚えますね。しかし、これはちゃんとした求人なのです。

募集しているのは、「名古屋おもてなし武将隊」のメンバーです。しかも、戦国時代の三英傑と呼ばれる織田信長と、築城の名手としても有名な加藤清正です。メンバーの卒業に伴い、織田信長と加藤清正の欠員補充することになったため、「月給18万円+出来高」で募集を始めました。

「武将本人が日本の魅力を世界に発信する」、イケメン武将隊は海外観光客に大人気!

3

名古屋を中心に活動している「名古屋おもてなし武将隊」は、イケメン武将隊ということで、女性から高い人気があります。さらに、彼らは海外からの観光客に大人気です。日本のサムライがお城や観光地を案内してくれるわけですから、きっと思い出に残る観光になることでしょう。

4

観光地の案内に加えて、週末を中心に演武などを披露しているイケメン武将隊は、名古屋を飛び出して江戸…、ではなく東京でも海外観光客向けのイベントを行っています。

さらに、2015年のミラノ万博では、「日本館の顔」として活躍し、大盛況を収めました。海外メディア彼らの活動への関心が高く、取材が殺到しました。

地域振興を日本経済の力に、時代を超えて「戦国武将」が21世紀に与える夢と活力

5

国内はもちろん、海外にも日本の戦国時代のファンは多いものです。そう考えると、日本には地域ごとに武器となる観光資源があるということにもなります。「名古屋おもてなし武将隊」をはじめ、全国におもてなし武将隊が増えました。地元の観光地の案内だけにとどまらず、日本文化を海外に発信するうえでも、その役割に期待する声が高まっています。

400年の時代を超えて、天下泰平に向けて全国を駆け巡った戦国武将たちが、各地の地域振興を通して21世紀の私たちに夢と活力を与えてくれることでしょう。気になる方は、社会保障も完備された21世紀の「サムライ」として、人生の武功を挙げてみてはいかがでしょうか。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
1

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け