2016-04-03-15.52.14-2

上場企業から派遣切りまで経験した僕が選択する田舎フリーランス

2016.05.25

初めまして、カルロスこと小林勝宗(@crls1031)です。

大きなメディアからの初めての執筆依頼、とても光栄に思います!

なので力を入れて激しく、時に淫らに息をハァハァしながら書き上げたいと思います。

YES、順調ッ!!

新卒で入社した野村證券を1年半で退社

はい、僕の代名詞的な記事となりました“野村證券の辞め方”

カルロス 野村證券時代

野村證券の辞め方。新卒入社、在籍1年半、僕は給料泥棒でしかなかった。

メディア界のドン・イケハヤさんにも転載して頂いたおかげで、たくさんの人が反応を示してくれました。

その節は、どうもありがとうございましたm(_ _)m

世間を取り巻く常識に悩む

世間には常識という様々なう◯こが渦巻いていると思います。クッセ!!

 ■ 「新卒の会社に生涯身を捧げることが美徳」

 ■ 「新卒は3年間勤めるべき」

こういったものは、最たる例じゃないでしょうか。

入社当時は「現在の状況が苦しい。でもここから逃げれば自分の生きる道がない。」

そんな二律背反の葛藤の中、自分の身をすり減らしまくり、鬱寸前でした。

人事異動のための「派遣切り」も経験

結局意を決して退社する選択をしました。

その後はもう悲惨です。

業界最大手の上場企業から一変、悪徳業者に騙されて借金を負いました。

食いつなぐために派遣社員になったものの、人事異動のための「派遣切りッ!!」も経験しました。

早稲田政経卒、ラグビー部では日本一の組織に居た経験なんて全く関係ないんですね。

就活時期に考えた自分のキャリアビジョンには、こんなことは決してありませんでした。

自分で作るセーフティネット

想定外の自分の状況が盛り沢山でした。

普通なら隠したい過去かもしれません。

しばらくたって傷の癒えた僕は開き直り、面白さを求めてブログで公開することにしました。

ブログで過去の経験を書くと共感してくれる人が現れました。

結果、新卒時の僕と比べれば、所属など関係なしに支えてくれる人が増えたように感じています。

企業に勤めて得る福利厚生だけがセーフティネットではないのかもしれませんね。

もっと楽しく過ごすためには

現在は自分が「面白いッ!」と思ったものに飛びついています。

プランを何も決めずにインドに乗り込み、1ヶ月間放浪してみたり、

カルロス タージマハル

縁がつながって高校生に授業をしたりしました。

立命館高校

サラリーマンでは1ヶ月間も時間を割いて、ノープランで放浪したりすることは出来ないかもしれません。

JKと戯れる機会に恵まれるのは、ごく一部の勤め人に限られることでしょう。

顔の引きつり具合を見ればわかるでしょう。

立命館

もう、それは・・・・・・ウハウハでしたよ♡

「Work Switch」働くとは

今回はWork Switchというメディアからの依頼です。

僕なりにその意味について考えてみたいと思います。
 

僕は長らく趣味でブログを継続していました。

趣味だったため、広告なども貼らず、無収入です。
 

でも人から評価してもらうこと、連絡が来ることがとても嬉しかったから継続できました。

そしてたまに「感動しました」、「号泣しました」などの連絡が来ます。

熱いメッセージをもらうと、僕は夜が眠れないほど嬉しくなりました。
 

組織で働くことが難しかった僕でも、やっぱり人のためになりたいのかもしれません。

これが一般的に言う「やりがい」なのかなと、僕なりには解釈しています。
 

働くとは何も、収益のためだけの活動ではないのかもしれないな、と思っています。

田舎フリーランス養成講座なう!

ということで、僕は現在千葉県の金谷にいます。

LIGにも掲載されていた「田舎フリーランス養成講座」なるものを受講しています。

田舎フリーランス

まるも田舎フリーランス養成講座

「働くことは収益のためだけの活動ではない」

なんてカッコいいことを言っておきながら、やっぱり必要最低限はお金が必要なんですよね 笑

面白いことに飛びつくための活動費もかかります。

なので当初は趣味のブログを稼ぐことにつなげるつもりで受講を決めました。

もっと面白いことをするために、バイトに時間を取られることを免れるためです。
 

でも入ってみるとWebの勉強がが面白くて、今はサイト制作に没頭しています。

サイトも作れるようになっちゃえば、もっと面白いことが出来るんじゃないでしょうかね(^^)

Let’s Switch

自分が知っていることには限りがあります。

世界はもっともっと広い。

自分が想定しようもない選択肢が、世の中にはもっともっとあるはずです。

今のところで働くだけが全てじゃない。

今の居場所が全てじゃない。

人によっては転職かもしれない、旅かもしれない、フリーランスかもしれない。

人は想像しているよりももっともっとすごい。

自分が許容し得ない可能性を認めてしまい、自分らしい人生を全うしようではないか。

僕はそんなことを思っていますよ!

(文:カルロスこと小林勝宗)

ブログ:crls1031.com
Twitter:@crls1031

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-04-03-15.52.14-2

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け