LiBでは「週3日勤務」や「他社への在籍中」でもOK!社員の雇用形態にも多様化の流れ

2015.11.18

みなさんは自宅から会社まで、毎日何分かけて通勤していますか?

都内の平均通勤時間は58分、都心に通勤するビジネスマンは毎日2時間程度、通勤に費やしているということになります。(※)アットホーム調べ

一方、約3割の人が通勤時間を苦痛だと感じているデータもあり、多くの人が通勤時間に悩まされているようです。仕事や生活のために、止むを得ず毎日満員電車で通勤しているという方も多いのではないでしょうか。

最近では、時代の変化やニーズに合わせて、さまざまな企業が充実した福利厚生などの仕組みを整備する一方で、従業員の多様な勤務体系を認める企業も増えてきています。

今回は、時短勤務や週3勤務など、従業員の事情に合わせて、フレキシブルな働き方を認めている企業をご紹介します。

自由な環境で仕事を!狙いは業務の効率化:株式会社シグナルトーク

東京都大田区に本社を構え、スマートフォン用のゲームなどを開発している株式会社シグナルトークでは、従業員が在宅勤務や、週3日からの少日数勤務を自由に選択できる、FREEWORKING制度を採用しています。

この制度を使えば、家事や子育てはもちろん、リスクが少ない状態で起業や夢にチャレンジできるほか、自宅やカフェなどの社外の自由な環境で能率的に仕事を行って、生計を立てることができます。

従業員が最も成果を上げられる環境で勤務することにより、最大限の業務効率化を図っています。

会社の成長のために時短勤務を導入:株式会社ウィルゲート

東京都渋谷区に本社を構える、WEB関連企業の株式会社ウィルゲートでは、「長期労働では会社の成長は見込めない」という思いから、柔軟な勤務を認めています。

毎週水曜日のノー残業デーのほか、週4日勤務や時間短縮勤務が可能な「わくさぽ」や、社員の育児・介護をサポートする「ふぁみさぽ」制度が設定されています。

特に、育児休暇取得などの子育て支援制度が充実しており、日本では取得率がたった2%パーセントしか取得できていない、男性の育児休暇を認め、企業のホームページでは、実際に1ヶ月の育児休暇を取得した男性社員の例が紹介されています。

社員の幸せを一番に考えた上での柔軟な人事制度は、効率よく働く環境作りに役立っています。

会社に所属しながら夢にチャレンジ:株式会社エンファクトリー

東京都渋谷区に本社を構えるオンラインショッピング企業、株式会社エンファクトリーでは、独立や企業を目指す社員向けに、時間に縛られずに勤務できる「フェロー」制度を導入しています。

フェローになるかどうかは、社員の任意で選択が可能。会社在籍時に築いた関係を残したまま、夢や目標にチャレンジできるとあり、会社と社員の双方の成長に役立っています。

副業可で個人と会社の成長を促進:株式会社オイシックス

東京都品川区に本社を構える、有機野菜のインターネット販売企業である株式会社オイシックスでは、多様な働き方を認め、個人を成長させるために、社員の兼業や副業を認める制度をスタートさせました。

本人の申請を受けて、副業を認める仕組みになっており、人事部門の室長が面談を行い、活動や事業の内容を確認した上で承認する流れになっています。

少なくとも週の半分は出勤することがこの制度を利用する条件になっていますが、他団体との連携や、広い視点を社内に取り込むことでの社内の活性化や、兼業を認めることで優秀な人材を採用し、企業の成長を促進しようとする狙いがあります。

掛け持ち&他社への在籍中でもOK!:株式会社LiB

東京都渋谷区に本社を構える人材系企業、株式会社LiBでは、会社やほかの仕事を持ちながら、プロジェクトに参加することを認めています。

家事や育児に追われる女性の時短ワーク、在宅のクラウドワークをはじめ、他社の社員、企業経営者、海外居住者などの人にも門戸が開かれており、自身の都合に合わせた多様な働き方を選ぶことができます。

さらに、これだけでなく、ストックオプションの配布や、名刺やメールアドレスの発行など、社員同様用の待遇を認めており、待遇差を感じずに、業務に励むことができます。

この制度が作られた背景には、働き盛りの人が減る中で、幅広い勤務体制をとることで、より優秀な人を受け入れ、会社のさらなる成長につなげるという狙いがあります。

おわりに

毎日満員電車に乗って、職場に行くのが当たり前だと思っていませんか?結婚や育児休暇を取得したいけど、仕事のせいでうまくいっていないという経験はありませんか?

日本に住む夫婦の約半数にあたる1400万世帯の人が共働きで、多様な働き方が求められる現代、まだまだ数は少ないですが、社員の事情に合わせた勤務が出来る会社も増えてきています。

もし、今置かれている現状に、あなたが不満を感じていたり、チャレンジしたい夢と仕事の両立に悩まれているのなら、柔軟な勤務制度を認めている企業を、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け